0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

恐喝で逮捕 | コラム | 刑事事件の弁護士ならあいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

恐喝で逮捕

恐喝で逮捕

恐喝で逮捕された場合について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部が解説します。

 

【事例】
神奈川県横浜市に住むAさん。
歩道を歩いている際に、向かいから歩いてきた人と肩がぶつかりました。
イラつくとともに、いい機会だと思ったAさん。
「誰にぶつかったと思ってんだ」
などと因縁をつけ、現金1万円ほどを出させました。
被害者が都築警察署に被害届を出し、付近の防犯カメラの映像分析などがされた結果、Aさんの身元が判明。
Aさんは逮捕されました。
(事実をもとにしたフィクションです)

~恐喝・カツアゲ~

路上で因縁をつけて現金を奪ったAさん。
このような行為には、恐喝罪が成立することになります。

 

刑法
第249条1項
人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

 

カツアゲのようなことをしてしまうと、最高で10年の懲役という仕組みになっているわけです。
もちろん執行猶予となる可能性はあります。
しかし、より軽い罰金刑が条文に記載されておらず、罰金で済む可能性はないということになります。

 

また、凶器を突きつけて脅し取ったり、暴力を振るって無理やり奪い取るといった、より悪質なケースでは、より重い刑罰が定められた強盗罪が成立する可能性もあります。

 

第236条1項
暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

 

有期懲役というのは、余罪がない場合、最高で20年の懲役です。
下限も5年の懲役となっています。

 

暴力を振るった結果、相手がケガをすれば、強盗致傷罪まで成立する可能性があります。

 

第240条
強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

 

この条文の前半が強盗致傷罪、後半が強盗致死罪です。
強盗致傷罪でも無期懲役の可能性があり、下限も6年以上と重くなっています。

 

軽い気持ちで恐喝・カツアゲをしてしまうと、とても重い犯罪が成立してしまうおそれがあるので、注意が必要です。

~不起訴処分はありうる~

前述のとおり、恐喝罪に罰金の可能性はありません。
しかし、比較的軽い事件では、今回は大目に見るということで、裁判にかけられず、刑罰も受けず、前科も付かずに刑事手続を終わらせてもらえることがよくあります。

 

これを不起訴処分といいます。

 

「起訴」が刑事裁判にかけるという意味ですから、その反対ということになります。

 

恐喝の場合、たとえば脅し取った金額が少なく、前科がなく、反省し、被害者に謝罪・賠償して示談が成立しているといった事情があれば、裁判を経て執行猶予判決を受けさせるほどの事件ではないと判断され、不起訴処分にしてもらえる可能性は残されています。

 

犯行内容や前科の有無について事件後に変えることはできませんが、しっかりと反省態度を示し、示談を結ぶことが、事件後にできる対応として重要となります。

~弁護士にご相談ください~

とはいえ、取調べでどのように受け答えしたらいいのか、どうやって示談を結んだらいいのか、他にも早期釈放を目指すにはどうすればいいのか、今後の手続きの流れなど、分からないことが多いと思います。

 

具体的な事件の内容に応じて、アドバイスいたしますので、あなたやご家族が、何らかの犯罪をして逮捕された、取調べを受けたといった場合には、ぜひお早めに弁護士にご相談ください。

 

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。
まだ逮捕されていない事件やすでに釈放された事件では無料法律相談のご利用を、すでに逮捕されている事件では、弁護士が警察署での面会(接見)を行う初回接見サービスのご利用をお待ちしております。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

横浜支部へのアクセス

横浜の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
東武立野ビル8階
TEL:0120-631-881

横浜支部の弁護士紹介

横浜の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

横浜支部 支部長 弁護士
國武 優

Top