0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

法人と刑事事件(脱税関係,従業員逮捕,予防法務等) | 刑事事件の弁護士なら横浜の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

法人と刑事事件(脱税関係,従業員逮捕,予防法務等)

第1 法人と刑事事件

「従業員が逮捕されたが,法人が刑事責任を負うことがあるのか。」   
「法人に刑罰が科せられるのは,どのような場合か。」

このようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

従業員が逮捕されたとしても,法人が刑事責任を負うとは限りません。法人に刑罰が科せられる犯罪は限られています。しかし,法人が刑罰を科せられる場合は,多様化しているので,刑事事件に特化した弁護士に早期に相談することが有用です。

従業員が逮捕されたら,どうしたらいいの?    
会社が捜査を受けることもあるの?

今回は,法人に刑罰が科せられる場合,脱税事件,従業員が逮捕されてしまった場合の対処法,予防法務,弁護士に依頼するメリットについて,説明します。

第2 法人と刑罰

法人とは,人として扱われる団体組織です。通常の個人とは異なります。刑罰は,基本的に個人に科せられます。ただ,法人にも刑罰が科せられる場合があります。

例えば,法人税法や金融商品取引法,労働基準法,廃棄物処理法,特許法などには,法人に関する処罰規定があります。その分野は多岐に渡ります。犯罪行為をしたのが法人の代表者その他の従業員であっても,法人が代表者その他の従業員に対する監督を怠ったものとして,法人も処罰の対象になっています。


第3 脱税事件

法人の刑事責任において,代表例は脱税です。脱税も実際にするのは,法人ではなく,代表者その他の従業員ですが,両罰規定によって法人も処罰されることがあります。

脱税事件において処分を決める主な要素は,脱税の額や脱税の手口,証拠隠滅行為の有無,前科前歴の有無です。


第4 従業員が逮捕されてしまったら

1 法人が捜査を受ける場合

従業員が逮捕されてしまった場合,全ての事件が法人に影響するわけではありません。法人とは関係のない事件(例えば,業務とは関係なく従業員が起こした傷害事件)には,法人に捜査が及ぶ可能性は非常に低いです。他方で,法人と関係のある事件(例えば,従業員が会社の金銭を横領した場合)では,法人も捜査対象になる可能性が高いです。具体的には,法人のオフィスに対する捜索差押えが考えられます。

2 従業員の身柄を早く解放してほしい

従業員が逮捕勾留されてしまった場合,業務に支障が生じることがあると思います。その場合,従業員の早期の身柄解放を望まれるでしょう。

まずは状況を確認するため,その従業員の下に弁護士を派遣することが 有用です。身柄解放を目指す場合,早期に弁護士に依頼することが重要です。刑事事件に特化した弁護士に依頼すれば,身柄解放の可能性が高くなります。


第5 予防法務

法人の刑事事件において,予防法務が重要です。なぜなら法人の関係する犯罪の場合,報道されることが多く,刑事事件が起きてからでは法人に深刻な損害が生じかねないからです。予防法務としては,企業内で脱税等の犯罪行為が生じないように統制するシステムの構築が重要です。刑事事件に特化した弁護士にご依頼いただければ,予防法務に向けた適切なアドバイスを受けることができます。


第6 弁護士に依頼するメリット

1 処分の見込みを知ることができる

弁護士に相談することで,今後の処分の見通しについて知ることができ,対応もとりやすくなります。特に突然逮捕された場合には,これからの手続の進行が分からず,不安になることが多いでしょう。専門の弁護士から適切なアドバイスをもらうことで,不安が和らぐと思います。

2 従業員が逮捕されたことへの早期対応

逮捕された従業員の身柄解放を目指す場合,早期に刑事事件に特化した弁護士に依頼することが非常に有用です。なぜなら依頼が早ければ早いほど,身柄解放に向けて活動する機会が多くなるからです。

3 予防法務に対する適切なアドバイス

刑事事件に特化した弁護士に依頼することで,法人内での犯罪防止に向けた適切なシステムの構築が期待できます。刑事事件は起きないに越したことはないので,予防法務は非常に重要です。


第7 法人関係の刑事事件でお困りの方へ

逮捕された従業員の身柄を早く解放してほしい。

今後の見通しを教えてほしい。

そのような方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

弊所では,刑事事件・少年事件のみに特化した弁護士と専門のスタッフが揃い,無料の法律相談を行っています。

関係者が逮捕されてしまった場合は,最短当日に,弁護士が直接本人のところへ出張面会しに行く初回接見サービスもご用意しています。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

    まだ記事はありません。

横浜支部へのアクセス

横浜の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
東武立野ビル8階
TEL:0120-631-881

横浜支部の弁護士紹介

横浜の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

横浜支部 支部長 弁護士
國武 優

Top